WEB MAGAZINE | インタビュー

  • 2015.09

香りとの暮らし方 ~ アロマセラピーライフスタイリスト2

~ニールズヤード『アロマセラピーライフスタイリスト』の香りの楽しみ方~

  • interview with (男性・モデル)

ニールズヤードの『アロマセラピーライフスタイリスト』は、暮らしの中に香りを気軽に取り入れて、楽しんでいる方がたくさんいらっしゃいます。
今回、素敵な香りの楽しみ方、香りとの暮らし方をレシピとともにご紹介していただきます。
掲載2回目は、海外で活躍したのち、ご自分のディレクションでブランドを立ち上げた男性モデルの方に伺いました。お楽しみください。


Entry No.2 香りのテーマ:ビジネスシーンに欠かせない自分らしさを引き出す香り


モデルの仕事を続け、早20年。ファッション誌の仕事は、早い時には早朝3時にはロケバスに乗り込み、まだ通行人の少ない冷えわたる表参道の路上にて、短パン・薄手シャツなど春夏ファッションの撮影や真夏に秋冬のコート撮影などが毎年繰り返される。

また、海外ロケも多く、時差も、気温差もはんぱない。40代も近づき、そろそろ体力的にも疲れが見え隠れしたころ、いつでも自分のベストを尽くすため、好きな香りを取り入れることで心身の体調をコントロールすることを学んだ。

[香りのブレンド] フランキンセンス7滴、ベチパー4滴、ベルガモット3滴、イランイラン2滴、 ティートリー2滴、 ブラックペッパー2滴


仕事柄、パーティなどに出席する機会も多く、初対面でも自分らしさを引出したり、自分をドレスアップする香りを取り入れたい。そんな時に深く深呼吸するように自分を落ち着かせつつ、他人とはかぶらない最高のブレンドがこれ。
小瓶に忍ばせ、パルファンのように身に着けたり、ハンカチやカードケースに香りを忍ばせてさりげなく香らせるのもよい。

[プロフィール]
東京からパリ、ミラノに活動の場を広げ、カール・ラガーフェルド撮影による『Interview』誌や、ジル・サンダーのメインモデルなどをつとめる。
海外のコレクションで多数活躍したのち、自らのディレクションでブランドもち上げる。

*EntryNo.1(ファッションモデル・女性) 「香りのストーリー」を見る 》
*EntryNo.3(アーティスト・女性) 「香りのストーリー」を見る 》

  • インデックス
  • 季節のイギリス便り
  • インタビュー
  • オーガニックビューティライフ
pagetop