ジャーナル ジャーナル

2020.09

動物たちと共に心地よく暮らせる世界へ -Animal Welfare , No Cruelty-

1 昨今増え続けている自然災害で、多くの犬猫たちが被災しています

近年、世界中で台風や豪雨など地球温暖化が一因とされる自然災害が発生し、大きな被害を及ぼしています。その災害によって多くの人々が辛い思いをされていますが、ペットとして飼われている犬猫たちも、同じように苦しんでいるのをご存知ですか。
日本の被災現場では避難所でのペットの居場所の確保や扱い方が難しく、やむを得ず避難先につれていけなかったり、ペット同伴の避難が受け入れられないというケースが多くあります。犬、猫たちのサポートが行き届いていない現状です。


2 被災した動物たちはどうなるの?

被災地では人々の命が最優先されますが、様々な事情により飼い主とはぐれてしまった動物たちは、被災地に設けられた自治体や動物病院のボランティアなどによって保護される活動が行われています。

無事保護されたとしても、被災した犬猫の心身には人と同じように大きなダメージが残ります。怯えたり、恐怖により攻撃的な性格になってしまったり数か月たっても元に戻ることが難しいケースもあります。ニールズヤードではこの自然災害により被災した動物たちの保護活動の支援を目的にキャンペーンを実施いたします。

~終了しました~



<寄付先>

竜之介動物病院


熊本県熊本市にある動物病院。『生きようとする「動物のために」・動物と共に生きる「人のために」・動物と人が暮らす「社会のために」』の「3つために」のコンセプトのもと、人間と動物のQOL(Quality Of Life)の向上を目指して、被災した動物の保護活動はもちろんのこと、動物たちがより人間とともに過ごしやすい社会づくりに向けて精力的に活動されています。
ニールズヤードでは2020年7月の九州豪雨の際に、災害時の犬猫ボランティアの経験のあるニールズヤードスタッフが発起人となり、自身も被災した熊本店スタッフと連携して被災ペットたちのために支援物資を送る活動を行いました。その支援物資の送り先が、熊本県の『竜之介動物病院』でした。これをご縁に今回のキャンペーンでも引き続きサポートいたします。




一般財団法人 クリステル・ヴィ・アンサンブル


同じ価値の命がお互いに支えあう社会、共存・共生する社会の実現への願いを名前に込め、2014年に設立。2020年を目標にアニマル・ウェルフェアに則った殺処分ゼロを目指す「ProjectZERO」など様々な活動を行っています。
2020年になり殺処分は大幅に減少(3万8千頭)しましたが、保護施設の過密やアニマルウェルフェアが担保されない状況が引き続き見受けられていることから、今後より一層アニマルウェルフェアの向上が必要になっていくと考え、アニマルウェルフェアに則ったという表現をより明確にし、殺処分を減らしていくことと合わせて、両輪で活動をされています。その活動の一環として、動物病院の支援をされています。




3 現状を変えるために、私たちができること

ペットと心地よく暮らすための取り組みは、被災時のレスキュー活動以外にも、日常から取り組めることがあります。私達と一緒に、できることから始めませんか?

◆災害時の対応方法を知る
環境省では「災害時におけるペットの救護対策ガイドライン」を配布し、飼い主が災害にむけて備えておくべきことについて説明しています。
予測できない災害に遭ったときも大切なペットを守れるように、今から知識を備えておきましょう。

◆活動を広める・支援する
災害時におけるペットを取り巻く状況は、一人だけの問題ではなくみんなの問題。被災した犬猫たちのおかれている環境を、身近な人と話したり、SNSを通して発信することで、周りの人へ広めることができます。

◆被災した犬猫たちの里親になったり、一時預かりをする
飼い主が見つからず被災した犬猫たちを保護している動物病院や団体では、預かれる数に限りがあります。
里親を募集している犬猫たちを引き取ることもできますし、飼うことが難しい場合は、一時預かりボランティアをして新しい飼い主との懸け橋になることもできます。



4 ニールズヤードのこれまでの活動

ニールズヤードは「命の重さは、動物も同じ」というポリシーのもと、創業時より「原料」にも「完成した製品」にも動物実験を行っていません。私たちは動物が心地よく暮らせる未来のために、様々な活動を行っています。


◆「動物たちが心地よく暮らす殺処分ゼロの世界を」 2019年9月20日~30日
期間中の売上の一部である総額984,468円を、2020年を目標にアニマル・ウェルフェアに則った殺処分ゼロを目指す一般財団法人「クリステル・ヴィ・アンサンブル」 に寄付。店頭ではパネルの掲示、冊子の配布。SNS、HPで情報発信をしました。
詳しくはこちら>

◆オーストラリア森林火災募金 2020年1月26日~2月16日(日)
大規模な森林火災で被災した野生動物を救助活動の支援を目的に実施。総額 702,166円を動物保護団体「WIRES」に寄付。弊社代表が団体に直接お渡しし、実際の被害状況、保護活動をHP、SNSで報告しました。
詳しくはこちら>

◆九州地方大雨による災害へ支援物資の提供 2020年7月
被災された犬猫たちのレスキュー活動をされている熊本県熊本市の「竜之介動物病院」に犬猫たちとその保護活動をされている方たちにむけた支援物資の提供をしました。



5 ニールズヤードのこれから

ニールズヤードでは今後も、人と動物たちが共に心地よく暮らしていくための取り組みを行うとともに環境に配慮した持続可能な製品づくりと、豊かな自然を守るための活動を積極的に続けてまいります。


〇 お近くの店舗はこちらから>

〇 オンラインショップはこちらから>

〇 オンラインショップ特集コラム「九州豪雨で被災したペットたちのために」はこちらから>

〇 ペットケアに関するスクール講座はこちらから>

〇 竜之介動物病院で行われている活動についてはこちらから>

〇 一般財団法人「クリステル・ヴィ・アンサンブル」についてはこちらから>

〇 環境省の「災害時におけるペットの救護対策ガイドライン」についてはこちらから>