ジャーナル ジャーナル

2020.10

【寄付金額のご報告】動物たちと共に心地よく暮らせる世界へ -Animal Welfare , No Cruelty-

自然災害により被災した動物たちの支援を目的に実施しました動物愛護キャンペーン
「動物たちと共に心地よく暮らせる世界へ -Animal Welfare , No Cruelty-」
での寄付金額が確定しましたのでご報告いたします。


【キャンペーン期間】2020年9月16日~27日
【寄付金額】693,796円

― 支援先 ―

 竜之介動物病院 様
 一般財団法人クリステル・ヴィ・アンサンブル 様
 ※寄付金額を二分し、各支援先へ寄付しました。


―支援先からのメッセージ―

◆竜之介動物病院 様より


ニールヤードご愛用の皆様、この度のキャンペーン「動物と共に心地よく暮らす世界へ」にご理解とご支援を賜りまして、誠にありがとうございました。皆様からの善意の寄付金は災害動物保護活動に活用させて頂きます。
今後も「動物のために」「人のために」「社会のために」のコンセプトのもとに、災害動物保護活動と、災害時のペット同伴避難所の普及活動に邁進してまいる所存ですので、今後ともよろしくお願いいたします。
簡単ですが、お礼のメッセージとさせていただきます。
ありがとうございました。


◆一般財団法人クリステル・ヴィ・アンサンブル 様より


この度は、ニールズヤードレメディーズ様が実施する「動物たちと共に心地よく暮らせる世界へ- Animal Welfare , No Cruelty -」のキャンペーンにおいて、当財団の「動物の保護活動をおこなっている動物病院へのサポート」にご支援いただきありがとうございました。
犬猫の殺処分数は平成30年度には38,444頭(犬7,687、猫30,757)まで減少しました。背景には動物保護団体やボランティアの方々の尽力によるところが大きいですが、1頭でも多くの犬猫を救おうとすることで、十分なケアや環境が提供出来ず、収容後に犬猫の健康状態が悪化してしまうケースも発生しています。
そのようななか、動物の専門家である獣医師や動物看護師が保護犬・保護猫を預かり、必要なケアを行なっている動物病院が存在しています。
私たちクリステル財団は犬猫の殺処分ゼロを目指すだけではなく、同時に保護犬・保護猫のアニマルウェルフェアを向上させることも重要と考え、自ら保護活動に尽力している動物病院を支援しています。
皆様からの温かいご支援が私たちの活動の源となっております。ご支援に深く感謝し、頂戴したご寄付はこの活動に大切に活用させていただきます。



~終了しました~





キャンペーン期間中に店頭やオンラインショップでお買い物いただいたり、SNSを通してキャンペーンにご賛同いただきありがとうございました。お客様皆さまと共にこの活動に取り組めたことに深く感謝いたします。

ニールズヤードでは今後も、人と動物たちが共に心地よく暮らしていくための取り組みを行うとともに環境に配慮した持続可能な製品づくりと、豊かな自然を守るための活動を積極的に続けてまいります。

【終了しました】キャンペーンについて詳しくはこちら >