ジャーナル ジャーナル

2021.06

KEEP OUR OCEANS PLASTIC FREE ―美しい海を守ろう―



キラキラと美しい海の中に浮かぶクラゲたち。よく目をこらしてみると浮かんでいるのはプラスチックごみです。

持続可能な開発目標(SDGs)でも取り上げられるほど、世界中でますます深刻化している海洋プラスチックごみ問題。世界の海に存在しているプラスチックごみは1億5,000万トン*¹にものぼり、少なくとも年間1,100万トンが新たに流入している*¹と推定されています。現在のペースでいけば、2050年には海にいる魚の量を上回る*²とも試算されています。

プラスチックごみは長い年月をかけて小さな粒子になり、海洋動物の命を脅かし海洋生態系に取り込まれていきます。海の恵みを食す私たち人間も、もちろん同様です。

そのため世界の様々な国がこの対策に乗り出し、取り組みを進めています。そんな中、私たちニールズヤードはブランド創業時より環境に配慮し、負荷をかけない製品づくりを続けています。
容器、梱包など製品に関わる全てのものに対しても同様に考え、様々な取り組みを行っています。




「マイクロプラスチックビーズ」とはプラスチックを小さな粒子に加工したもので、歯磨き粉やスクラブ製品などに使われています。ニールズヤードのスクラブ製品は「マイクロプラスチックビーズ」を一切使わず、自然に還る天然原料を使用しています。

また日焼け止めにおいては、サンゴ礁の白化や海洋汚染の原因の一つといわれる紫外線吸収剤(オキシベンゾン、オクチノキサート)は使用せず、海にも肌にも優しい製品づくりを行っています。

◇マイクロプラスチックビーズに関する詳細はこちらから 》




ブランドのシンボルである美しいブルーボトルは、可能な限り再利用ができるガラス製の容器を使用しています。

お客様の使用済みのブルーボトルは、お近くの店舗もしくはオンラインショップロジスティックセンターで回収し「ブルーグラストレイ」などのオリジナル製品に生まれ変わったり、様々な用途で再利用されています。

◇ブルーボトルについて詳しくはこちらから 》



プラスチックをはじめとする資材・梱包を削減し、ごみを出さないための取り組みとして簡易包装に取り組んでいます。皆さまへのご協力をお願いいたします。






ニールズヤード日本スタッフによるMySRプロジェクトは2021年1月から活動をスタートしました。"海を守るチーム”では、それぞれが好きな海を思い浮かべながら、その美しい海が汚されている原因を調べ、日々の生活の中で海にやさしい取り組みは何かを探し、ビーチクリーンにも参加してきました。

軽くて丈夫かつ安価であることから私たちの暮らしを便利にしてきたプラスチックの海洋ごみは、ペットボトルやお菓子の袋、洗濯ばさみなど、普段の生活の中で購入し使用しているものが多くあります。日本は各国と比べても一人あたりのプラスチック廃棄量が世界2位。年間で一人あたり32kgにもなるそうです。*³

何気なく使っているポリエステルやナイロンといった合成繊維の衣服や食器用スポンジなどは、洗うたびに繊維がおち生活排水として海へと流れこみます。

日本では2020年夏にレジ袋が有料化されましたが、マイバッグを持参したり自然に還る天然素材を選ぶなど、私たちの生活を少し見直すことで変えられることはたくさんあります。そしてその一人ひとりの取り組みが美しい海を守ることに繋がっていきます。

100年先も美しい海を守るために、毎日の暮らしの中で出来ることから一つずつ、一緒に取り組んでいきましょう。

【MySR PROJECT】
ニールズヤードの日本スタッフによるプロジェクト(私の社会的責任)。快適な生活は快適な環境があってこそ。穏やかで心地よい暮らしをおくるハッピーパーソンを目指して、それぞれができることから一つずつ。学んで、考えて、行動したことをお届けしていきます。


出典
*1WWFジャパン(https://www.wwf.or.jp/)
*2エレンマッカーサー財団(2018年)
*3UNEP “SINGLE-USE PLASTICS”