ジャーナル ジャーナル

2022.06

KEEP OUR OCEANS PLASTIC FREE ―美しい海を守ろう―



近年、世界中で大きく取り上げられている海洋プラスチック問題。世界の海に存在しているプラスチックごみは1億5,000万トン*にものぼり、さらに少なくとも年間800万トンが新たに流入している*と推定されています。その上、2050年には「海洋プラスチックごみの量が海にいる魚を上回る」*ともいわれています。日本でもレジ袋が有料化され、脱プラスチックへの取り組みが進みつつあるものの、既に海の生態系に甚大な影響を与えており、自然そのものへの影響についても深刻です。


出典:*WWFジャパン(https://www.wwf.or.jp/)


■環境にやさしい製品づくり
ニールズヤードではブランド創業時より、自然由来成分を使用し自然に還る製品づくりをおこなっています。スクラブ製品においてもマイクロプラスチックビーズは一切使わず、ローズヒップの種子や、米粉など天然由来のスクラブ素材を使用。日焼け止めについては、サンゴ礁の白化や海洋汚染の原因の一つといわれている紫外線吸収剤(オキシベンゾン、オクチノキサート)を使用していません。世界で初めてヘルス&ビューティブランドとして100点満点のエシカル認定*を受けた私たちは、原料の調達においてもサステイナブルに、エシカルに取り組んでいます。



*Ethical Company Organaisationによる企業の倫理性における監査

■ニールズヤードのサステナビリティチャレンジ
・2025年までに100%再生プラスチックへ
ニールズヤードのほとんどの容器はガラス製ですが、お風呂場など安全性の考慮が必要なアイテムのみプラスチック製の容器を使用しています。これらは英環境NGOのWaste & Resources Action Programme(WRAP)の掲げるプラスチックごみ削減宣言「UK Plastic Pact」の目標設定に倣い、2025年までに100%再生プラスチックに切り替えることを目指しています。



日本では、プラスチックをはじめとする資材・梱包を可能な限り削減。店頭では、再生プラスチックが配合されたパネルやごみとなるはずだった端材、間伐材などを積極的に採用、バージンプラスチックの使用を可能な限り削減します。

・ブルーボトルのアップサイクル
使用済みのガラス容器を回収し、アップサイクルへの取り組みもすすめています。2021年にお客様から回収したガラス容器は約22,000個ほど。これらはショップのディスプレイや砂状に加工され道路や埋め立て地などに再利用されているほか、アップサイクル製品として生まれ変わります。



画像左から 京都BAL店、神戸BAL、銀座店


ブルーグラストレイ

ブルーグラス
フラワーベース

100年先も美しい海を守るために、お客様へ2つのご協力をお願いしています。

■簡易包装を推奨しています。
無駄なゴミを減らす活動の一環として、2021年6月からショッピングバッグを有料化し、皆さまにご協力いただいたところ約50%(前年比)の削減につながりました。今後は、雨除けカバーにつきましても在庫がなくなり次第無料配布を終了とさせていただきます。できることから一つずつ。引き続きご協力をお願いいたします。

ショッピングバッグが必要なお客様には有料にてご用意しております。
・ショッピングバッグ 各サイズ 33円(税込)
・平袋 各サイズ11円(税込)

■使用済みのガラス容器を回収しています。
フレッシュな植物の成分を紫外線から守り、保存料をできるだけ使わずに提供するためのブルーボトルですが、色のついたガラスびんは市町村によってはリサイクルされず埋め立て処理をしているケースもございます。花々を飾ったり、小物入れにするなど暮らしを彩るアイテムとして再利用していただくことがおすすめですが、ご不要になりましたら全国の直営店(一部を除く)、オンラインショップにて回収していますので、蓋やラベルを外し洗浄した状態でお持ちください。

ブルーボトル回収の詳細について 》

●スクラブ製品一覧 》

●日焼け止め一覧 》

●ニールズヤードのその他の取り組み 》