WEB MAGAZINE | 季節のイギリス便り

  • 2017.04

汗ケアと女性のからだ

リスクの少ない製品を選び、アロマで優しく汗ケア。

■新しい香りが登場!アロマで優しく汗ケア

季節が変わり、暖かくなってきて、体を動かすことが楽しくなってきましたね。
スポーツ時や汗ばむ季節に、心地よい香りで肌を快適に保つデオスプレーに新しい香りが新登場。
4/19(水)新発売! 「ラベンダー&アロエベラデオスプレー 100ml 2,700円(税別)」

アロエベラ葉汁配合で潤いを与えながら、肌を清潔に整え、
ラベンダーやティートリー、イランイランなどの穏やかなハーブ調の香りが広がります。

■汗ケアと女性のからだの密接な関わり

2015年英国のニールズヤードでは、ピンクリボンキャンペーンのときにデオスプレーがノベルティでした。
実は、汗ばむ季節には、脇や首筋など汗によるトラブルやニオイが気になり、デオドラント剤を
よく使う女性が増えていました。
しかしながら英国の研究では、ムダ毛処理をしたり、乳房の近くのため、デオドラント剤の成分が
体に影響を及ぼす可能性があると、乳がんのリスクについてレポートされていたからです。


日本医療・健康情報研究所の調査によると、
2015年のがん統計予測によると、乳がん罹患数は89,400人、死亡数は13,800人でした。
乳がんの罹患数は顕著に増加しており、1995年以降、女性のかかる「がん」のトップになっています。

■毎日使用しているデオドラント剤で乳がんをひきおこす可能性がある?

デオドラント剤が「がん」を引き起こす原因の一つなんて想像もしないと思います。
ほとんどのデオドラント剤には、防腐剤として「パラベン」が成分として含まれていますが、
この「パラベン」こそがホルモンに影響を与えて、「がん」を引き起こすリスクがあると言われています。
認識しておきたいことは、「がん」そのものはとても複雑な病症で、原因が複雑に絡み合っています。
その原因の一つかもしれないということです。
ただ、商品を選ぶときに留意すればリスクを避けることは出来ると思います。

イギリスでは2000年初頭にデオドラントと乳房腫瘍の関連性について研究がなされて、
女性が特に毎日使うデオドラント剤やボディクリームに含まれるパラベン類が
ホルモンに影響を与え、特に乳腺近くで使用されるデオドラント剤はリスクが高いと報告されました。

さらに、米国の研究では、デオドラント剤に含まれるアルミニウム複合物が乳がんを引き起こす
要因の一つであるという報告もあります。

■体に優しい製品を選択し、リスクを避ける

身近な製品なので、不安に思う方もいると思いますが、
乳がんは、こういったデオドラント剤や化粧品製品のみが要因ということではありません。
私たちの周りには乳がんを引き起こす環境要因も多くありますが、自らコントロール出来ない環境とは違い、
リスクの少ない製品を選ぶことで快適な生活を送ることができるのです。

私たちニールズヤードは肌に触れるものは体の中に浸透するものと考えて、
オーガニック素材にこだわり、選び、「体に優しい製品」作りを心掛けています。


ニールズヤードのデオスプレーをはアロマの豊かな香りだけでなく、体にも優しい汗ケア製品です。
汗ばむ季節を心地よく爽やかにお過ごしいただけます。ぜひ、お試しください。


*参考サイト
日本医療・健康情報研究所
詳しくはこちら 》


◆アロマで汗ケア。ひと吹きで気分まで爽やかになるデオスプレー
 4/19(水)新発売「ラベンダー&アロエベラデオスプレー」 詳しくはこちら 》
 

  • インデックス
  • 季節のイギリス便り
  • インタビュー
  • オーガニックビューティライフ
pagetop