ジャーナル ジャーナル

2020.06

NO! プラスチックキャンペーン



プラスチックを詰まらせた海洋動物の動画などをきっかけに、世界中で問題意識が高まっているプラスチックごみ問題。

世界の海に存在しているプラスチックごみは1億5,000万トン*にものぼり、さらに少なくとも年間800万トンが新たに流入している*と推定されています。
その上、2050年には「海洋プラスチックごみの量が海にいる魚を上回る」*という恐ろしい話も。

海洋動物の命を今も脅かしているプラスチックごみですが、私たちの健康をも脅かす存在でもあります。
長い年月をかけて小さなプラスチックの粒子になったごみを海洋動物が飲み込むようになり、そして海洋生態系に取り込まれていきます。
もちろん、海の恵みを食す私たちの体にも、その影響があると想像できます。

そんな中、私たちニールズヤードはブランド創業時より自然環境に余計な負担をかけない製品づくりを行い続けています。
容器、梱包など製品に関わる全てのものに対しても同様に考え、プラスチック容器を一部製品に使用するにあたりその使用を最小限に抑え、自然環境を守るべく様々な取り組みを行っています。





私たちは製品の提供にあたって、お風呂場など安全性の考慮が必要な場所に向けたアイテムを除き、ほとんどの容器をガラス製にし、可能な限りプラスチックの使用を避けています。

また、英環境NGOのWaste & Resources Action Programme(WRAP)の掲げるプラスチックごみ削減宣言「UK Plastic Pact」の目標設定に倣い、2025年までにプラスチック素材の容器を100%再生プラスチックに切り替えることを目指します。







「マイクロプラスチックビーズ」とは、化粧品や歯磨き粉など角質除去や洗浄の目的でスクラブ剤としてプラスチックを小さな粒子(100μm~600μm程度)に加工したものです。
この「マイクロプラスチックビーズ」は、洗顔やシャワーの際に下水道に流れ、処理しきれなかったものが海へ流出していると言われています。
さらにその微粒子は魚介類が餌と共に摂取してしまっており、英国海域で水揚げされた1/3の魚からマイクロビーズが検出されています。
そしてそのマイクロビーズが検出されている魚たちは、わたしたちの食卓に並ぶ可能性すらあるのです。

ニールズヤードのスクラブ製品は、「マイクロプラスチックビーズ」を一切使わず、天然原料を使っています。

○マイクロプラスチックビーズに関する詳細はこちらから 》





私たちは、環境に優しく何度も繰り返しお使いいただけるオーガニックコットンバックを販売しております。
もちろん、コットンは100%オーガニックです。

さらに、私たちの製品を象徴するガラス製ブルーボトルのリサイクルにも取り組んでおります。
お客様から店頭・オンラインにて回収したブルーボトルは、「ブルーグラストレイ」などのオリジナル製品に生まれ変わります。
終了しました
~【Instagram連動企画】"Blue is Green"キャンペーン~

回収されたブルーボトルから生まれ変わったオリジナルアイテムプレゼント




○スパチュラをプラスチックからステンレスへ
以前より販売していたスパチュラをステンレス化しました。(2020年4月発売)


○環境に配慮した素材を活用した店舗づくり
リニューアルOPENした銀座店では、床に環境に配慮した素材を使用しました。



○医療関係者の皆様へ、ブルーボトル容器を提供
新型コロナウイルス感染症対策に伴う医療現場における物資不足の現状を鑑み、アルコール除菌のためのボトルが不足している医療・介護関係者への空ボトルとディスペンサーを提供しています。(2020年5月開始)



○表参道のグリーンビルを全館自然電力へ切り替え
東京・表参道にあるニールズヤードのエコ自社ビル「グリーンスクエア」で使用している電力を、2019年12月から全館自然電力へ切り替えました。




○環境問題を分かりやすくお伝えするセミナーを開催
今起きている環境問題に対して、今日から誰もが取り組めることを弊社代表 梶原が分かりやすくお伝えする「クライメイト・リアリティ・プロジェクト」セミナーを2019年冬から随時開催しています。



○ショッピングバッグ無料提供を終了
プラスチックおよび環境負荷のかかる資材・梱包の削減への取り組みとして、オンラインショップでは5月29日、全国のショップ(直営店)では6月末日をもちまして、ショッピングバッグの無料提供を終了いたします。


○店頭什器の素材変更・製品包装に使用するプラスチック袋を大幅に削減
従来より使用していたPOPスタンド等のプラスチック素材を変更し、環境に配慮された素材へ。
また店頭・オンラインショップ・スクールなど全事業部において、梱包に使用していたプラスチック類の袋を大幅に削減しました。

○FSC認証素材の積極的採用
リーフレットなどの紙素材は可能な限りFSC認証紙、ベジタブルインク仕様へ変更しました。
FSC認証やその他認証についてはこちら>




豊かな自然を守るために、そしてこれからも安心してニールズヤード製品をお使いいただくために、さらなるプラスック素材の削減や環境に負担のかからない活動に精力的に取り組んでまいります。


*出典:WWFジャパン(https://www.wwf.or.jp/)

終了しました
~【Instagram連動企画】"Blue is Green"キャンペーン~

回収されたブルーボトルから生まれ変わったオリジナルアイテムプレゼント