Neal's Yard Remedies Online Shop

【1】ギフト包装無料 / 【2】6,000円(税抜)以上お買い上げで送料無料

コラム

「更年期」を楽しく乗り切るセルフケア

女性の一生の中で、心と体に様々な不調が現れる「更年期」。

一般的には40代後半から50代前半に訪れる閉経を挟み、前後あわせた約10年間を指します。

しかし実際には、閉経の年齢は個人差が大きく、更年期の時期も症状も人それぞれ。
卵巣でつくられるエストロゲン(女性ホルモン)が減少し始める30代後半は“プレ更年期”ともいわれ、更年期と似た症状が現れる場合も少なくありません。


○更年期の主な症状
月経不順、ホットフラッシュ(一過性のほてり)、
イライラ・憂鬱・不安感
不眠、肩こり、頭痛、骨量の減少 etc.






こんなグラフを見れば、憂うつになってしまうかもしれませんね。

でも、年齢と共にエストロゲンが減少していくのは、女性の身体にとって自然なこと。
閉経に向けて身体が少しずつ対応し、閉経から5年程度で低ホルモンへ適応すれば、不快な症状もなくなるといわれています。







不調の主な原因とされる「ホルモンバランスの崩れ」は、加齢だけではなく“日々のストレス”にも影響を受けています。

とくに更年期にあたる年代は、家庭と仕事の両面で大きな変化があるとき。
子供やパートナーとの関係性の変化、親の介護、仕事への責任や働く環境の変化など…

それらは時として大きなストレスとなり、加齢以上にホルモンバランスを崩す原因ともなりえます。
そしてこの時期のストレスを放っておくことは、閉経に向けたスムーズな身体の移行を妨げることにもつながるのです。








心身のバランスのためには、「食事・運動・休息」を適切にとることが大切。
これらは生活の中ですぐに実践でき、からだの面からのセルフコントロールが可能です。


■ バランスの良い食事

更年期の女性によいとされている栄養は、骨粗しょう症を防ぎイライラを鎮めるとされるカルシウムや、神経機能の健康に欠かせないビタミンB群、抗酸化機能に不可欠で性ホルモン調整作用を持つビタミンE、エストロゲンと似た働きをする大豆イソフラボンなど。美しい肌や髪をつくる良質なたんぱく質も欠かせません。
これらが自然に摂れる、昔ながらの和食も今、見直されています。

食後にハーブティを取り入れるのもおすすめです。



~イソフラボンを含むブレンドティー~
セージ 1 : レッドクローバー 1



収斂作用があるといわれるタンニンを含むセージと、植物エストロゲンといわれるイソフラボンの一種が含まれるレッドクローバーのブレンド。
さわやかな味わいで、食後の1杯にもぴったりです。



■ 軽い運動

更年期症状の緩和やストレス解消には、ウォーキングやストレッチ、ヨガ、ピラティスなど軽い運動が有効です。
がんばりすぎないこと、急激な運動で膝関節に負担をかけないよう気をつけましょう。


■ 睡眠でしっかり休息

規則正しい生活や運動習慣は、更年期の悩みのひとつ「不眠」の改善にもつながります。
その日の疲れやストレスは溜め込まず、オフモードへ上手に切り替えて十分な休息をとりましょう。



< 更年期に楽しみたいアロマ >



エッセンシャルオイル(精油)の香りの情報は、ダイレクトに脳へとつたわり感情を左右するといわれています。
気分転換や、ゆったりとくつろぐ時間のために、アロマを生活に取り入れてみませんか?


おすすめの香り



「ゼラニウム」フローラル系の甘くて強い香り
…心と体、両方のバランスを保つ作用を持ちます。とくに女性ホルモンのバランスを保つ働き、気分のアップダウンを鎮めて平常心を保つ働きは、女性の強い味方に。

「ローズ」濃密な花の香り
…透明感がある高貴な香りには、肌を若返らせる働きが。あらゆる肌のお手入れによく、コスメにも多用されています。気持ちを落ち着け、女性としての自信を高めるとされます。

「ラベンダー」フレッシュでやや甘味のある香り
…心に肌に体にオールマイティに使える、アロマセラピー初心者の最初の1本におすすめの香り。心を穏やかに保ち、ストレスや緊張で眠れないとき、くつろいだ時間を持ちたいときに。

「クラリセージ」濃密でビタースウィートなハーブの香り
…幸福感をもたらす香りといわれ、緊張でこわばった心と体をほぐします。気持ちが落ち込んでいるとき、神経質になっているときにおすすめ。



<香りの楽しみ方>



~焦る気持ちをクールダウンするオーデコロン~
ゼラニウム 5滴・ローズ 5滴・無水エタノール 20ml

無水エタノールにエッセンシャルオイルをよく混ぜ、容器へ。


心のバランスをとるといわれるゼラニウムと、落ち着きをもたらすといわれるローズのブレンド。
急な発汗などで焦る気持ちを鎮めたいときに。




~こわばった心と体を解きほぐすアロマバス~
クラリセージ 1滴・ラベンダー 3滴・ハチミツ 大さじ2

ハチミツにエッセンシャルオイルをよく混ぜ、バスタブへ。


緊張感をほぐす香りのブレンド。イライラして眠れないときなどは、
ぬるめのお湯にゆったりとつかり、心のゆとりを取り戻しましょう。


「ゼラニウム精油の香りが更年期の症状を緩和?」

近年「ゼラニウム」のエッセンシャルオイルの香りが更年期特有の症状を緩和することがわかりました。
公益社団法人 日本アロマ環境協会によると、40歳~52歳の月経の開始が不規則な女性19名を2つのグループに分け、片方のグループにだけゼラニウム精油を垂らしたシールを襟元に付けて過ごす実験をした結果、ゼラニウム精油により「不安感が減少」し、「活力や友好的な気分が増加」。「肌の潤い、抜け毛の少なさ、髪の潤い」もアップしたそうです。

<参考文献>
■書籍
『ニールズヤード式 女性のための症状別ナチュラルケアBOOK』河出書房新社
『ニールズヤード レメディーズ BEAUTY BOOK 手作りコスメとオーガニックメイクアップブック』緑書房
『女性のためのハーブ自然療法』産調出版

■WEBサイト
公益社団法人 日本アロマ環境協会(AEAJ)
「対馬ルリ子産婦人科医との共同研究で確認 ゼラニウム精油の香りが更年期特有の症状を軽減!?」
「芳香浴が更年期症状に与える影響」



【講座レポート】今、あなたに伝えたい。女性ホルモンと女性性を保つ自然療法 >>