About Frankincense

野生の生命力が、自らを瑞々しく守る。

オーガニックの中のオーガニックと呼ばれる野生の樹・フランキンセンスは、まったく人の手が加わることなく、過酷な砂漠を何千年も生き抜いています。乾燥と強い日差しにも耐える力が潤いを保ち、紫外線から自らを守ります。

紀元前よりあるその香りが、心に届く。

フランキンセンスは、砂漠の真珠とも呼ばれ希少で高貴な香料として紀元前より人々に愛されてきました。その香りは呼吸を深くし、心を静かに落ち着ける。そして忙しい毎日の中でも、香りがすべてをリセットしてくれます。

はじめて採用したのがニールズヤードでした。

フランキンセンスは、傷ついた幹を修復するために樹液を出します。その修復力に着目し、化粧品に応用したのはニールズヤードがはじめてのことでした。以来、30年以上、変わることなく多くの女性の美に貢献し、愛されつづけています。

ケニアの女性たちも、私たちも笑顔に。

フランキンセンスの樹液の採集を行っているのは、ケニアザンブル族の女性たち。フェアトレードで得た収入の多くは子どもたちの教育と医療に充てられています。製品を通じて、遠く離れたケニアの女性たちの自立の一助になっています。

そして、世界中の女性をも笑顔にしています。

フランキンセンスの効果は、大学との共同研究で明らかになっています。日本においてはフランキンセンス インテンスクリームが2014年、発売と同時にベストコスメ7冠に輝きました。その効果から、使用した99%の女性がこれまでにない美しさを実感しています。

Column

神に願いを届ける香り

新約聖書に登場する東方の三賢者はイエスの誕生を拝みに、それぞれ「金・没薬・乳香」を携えたと言われています。この乳香こそが、フランキンセンスです。中世のフランス語「franc encense」(真正なる香)が語源とされ、神に捧げる香りとして、紀元前より愛でられたら高貴な香料です。クレオパトラや楊貴妃など時の美女たちも、その香りの虜だったと言われています。