【Wポイント】新発売スキンブースター 6/12朝まで

{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様

利用可能ポイント{@ member.active_points @}pt

WRBB

睡眠とアロマ~2人のスペシャリストによる、快眠セミナーレポート

 

表参道「ホリスティックスクール ニールズヤード レメディーズ」カンファレンスルームにて、2人のスペシャリストによる「睡眠とアロマ」をテーマとしたセミナーを2018/3/2(金)に開催いたしました。
眠りのお悩みを抱える方がたくさん出席くださった、当日の様子をレポートいたします。
参加いただけなかったみなさまも、ぜひご覧ください。

第1部 三橋美穂先生による「快眠メソッド」

セミナーは、三橋先生による睡眠についてのレクチャーからスタート。
季節の変わり目は体調変化に悩む人も多いですが、睡眠不足によってますます体調が悪化してしまうのだそう。
言い換えれば、よい睡眠をとることでこれらの不調を改善し、元気に過ごせるということ。
「最近なんだか、体調がすぐれない…」と感じている人こそ、ぐっすり眠る秘訣を知っておく必要がありそうです。

いいこと沢山、”睡眠”効果。

アメリカのあるシンクタンクの試算によると、睡眠不足による日本の経済損失は、なんと年間約15兆円。
三橋先生いわく、
「これだけの経済損失が生じてしまう理由は、睡眠不足が続くと生産性が落ちるから。海外の大きな産業事故も、作業員の睡眠不足が一因と指摘するレポートがたくさん報告されています」
とのこと。
逆に、よい睡眠がとれると集中力や記憶力がアップし、生産性も向上。免疫力も高まるため、健康にいいだけでなく、ストレスに強くなり、幸福感がもたらされ、美容にも効果的なのだといいます。

そこで、体にも心にもいいことずくめの眠り方として、三橋先生が提唱しているのが“快眠”です。
でも“快眠”って、“安眠”とどう違うのでしょう……?
「私が定義づけたのは、“安眠”はマイナスをゼロにする、疲れをとるための眠り。“快眠”は、マイナスをプラスに転換する、明日へのパワーを得る眠りです」
と三橋先生。
となると、今の自分が“快眠”できているのかどうかが気になるところ。
すると、三橋先生から以下のようなお話が。
「よい睡眠のバロメーターの一番のポイントは、“日中にイキイキと過ごせているかどうか”です。特に大切なのは、午前10~12時のすっきり感。この時間帯から元気に活動できれば、よい睡眠がとれているといえるでしょう」

睡眠のお悩み改善、5つの基本ルール

ではどうしたら、「眠れない」「起きられない」という悩みを解消し、“快眠”を得られるのでしょうか?
三橋先生からは、そんな疑問にお答えする“5つの基本ルール”のご紹介もありました。

1.体内時計を整える

なるべく同じ時間に起き、太陽の光を浴びて朝食をとる

2.活動的に過ごし、疲れをためる

適度な運動を心がけ、長い昼寝をしない

3.体温のメリハリをつくる

入浴によって、寝る前に体温差をつくる

4.就寝前はリラックス(副交感神経優位)

入浴後は、アロマ、音楽、ストレッチなどのリラックス法を

5.寝室・寝具が快適

おすすすめはパジャマ、腹巻、レッグウォーマー。枕の高さも大切なポイント

セミナーではこれらのルールについて三橋先生の詳しい解説があり、参加者のみなさんも興味津々。メモをとる方も多く、熱心に耳を傾けていました。

もっと詳しく知りたい方はこちらのコラムから
○「前編:“快眠”って? 私の睡眠は正しいの?」はこちら >
○「後編:就寝前のちょっとした工夫で、幸せな睡眠を」はこちら >

TOP